加圧シャツの中でも圧倒的な人気を誇る金剛筋シャツですが、着ていると暑くなるのでしょうか?

最近はすっかり暖かくなってきて、そろそろ上着を脱ぐ時期も近づいてきましたよね。

そうなると、金剛筋シャツをインナーとして着用できるのかは気になるところです。

今回は、金剛筋シャツを着用すると暑いのか、また、汗のにおい対策はどうなっているのかをご紹介します。

金剛筋シャツは暑い?夏でもインナーとして着用出来る?

金剛筋シャツ自体は暑さを感じる素材ではありませんが、姿勢を矯正し、筋肉を効果的に加圧することで代謝もアップしているため、少しの筋トレや運動をするだけでも効果を感じることが出来ます。

そのため、いつも通りの生活をしていても普段より暑さを感じることはあるでしょう。

そして、暑いということは通常のインナーよりも汗をかきやすい状態となっていることなので、春先ならば上着を薄手にするなどの工夫をして調整した方が良いですね。

夏になると、会社でもお店でもほとんどの場所で冷房が効いていますし、外を歩いているとどんな服を着ていても汗をかいてしまうので、金剛筋シャツを着用すること自体は問題がないでしょう。

しかし、人一倍汗をかきやすい方や、外回りの営業の方などは、仕事中の着用を避けた方が良いかもしれません。

人と接するお仕事の場合など、やはり汗をダラダラと流しながら商談するのは、少し清潔感に欠ける印象を与えてしまう可能性もあります。

そのような方はトレーニング中など、思いっきり汗をかける時に着用してみてくださいね。

汗のにおい対策はどうなっている?

普段運動をしていなかったり、汗をかく機会が少ないと、汗腺が詰まってしまいベタベタとした汗をかいてしまいがちですよね。

そうした汗の多くが強いにおいを放つため、インナーとして着用して大丈夫か気になってしまいます。

金剛筋シャツは、こうした場合の対策があるのでしょうか?

実は、金剛筋シャツには「アモルデン」という日本のメーカーの抗菌剤が使用されています。

アモルデンは、皮膚刺激の少ない防カビ・抗菌の効果があり、毒性が低く安全性が高い抗菌剤のことです。

悪臭の元は菌が増殖することにあるので、その元から排除してくれるというわけですね。

肌に密着するタイプのシャツですから、安全性が高いというのも嬉しいポイントですよね。

繊維検査においても抗菌の効果がしっかりと証明されていますので、においを気にする必要はなさそうです。

後は、着用した後に放置すると菌の増殖を許してしまうため、毎日しっかりと洗濯をして清潔な状態にしておきましょう。

まとめ

金剛筋シャツは、暑い日でも汗のにおいなどを気にすることなく着用出来ることがわかりました。

ただし、においは気にならないとしても、一日中汗をかいたまま過ごすのは気持ちが悪いものですよね。

通勤や通学時間を利用して運動している方などは、夏場だけは金剛筋シャツの替えを持って、会社などで着替えるという手もありますよ。

冷えた汗で身体を冷やさないよう、汗対策も工夫してみるようにしてくださいね。

>>金剛筋シャツの公式サイトはコチラ